『紅蓮祭』がやってきた!!①

8月8日(火)のメンテナンス明けから始まった、期間限定イベント『紅蓮祭』
自分は、今年で3回目の『紅蓮祭』の参加になります



『紅蓮祭』は、エオルゼアのシーズナルイベントの一つで「夏」を連想させるイベント

今年のクエスト受注場所は「リムサ・ロミンサ」
大体、夏のイベントのスタート地点はリムサな感じがしますねw



リムサでクエストを受注し、シーズナルイベントの開催場所である東ラノシアの「コスタ・デ・ソル」へ移動

お盆休み前の仕事は、ほぼ夜勤なので、自分は平日の日中にコスタへ行ったんですが、思っていたよりも人が溢れかえっていてビックリ⁉


拡張前後から、人が増えた気はしていましたが、こういうシーズナルイベントの開催場所へ赴き、実際に人の多さを目の当たりにすると「人が増えたんだなぁ」と、実感

今年の『紅蓮祭』の報酬は、この水着なんですが…
男装備のデザインって…orz



水着のデザインには色々と思うこともありますが、さっそく自分も夜勤の時間まで、今年の『紅蓮祭』に参加してみました!!w

打ち上げ花火をやり始めたら、天気が豪雨になってしまったり(泣)
『紅蓮祭』のシーズナルショップで交換できるアイテムのチェックをし、交換に必要な「紅蓮祭手形」を計算
絵画にオーケストリオン譜は必ず交換して、あとは所持品で持ち歩いている数種類の花火を上限まで交換したいかなぁw





そしてアイテム交換で必要な、今年の「紅蓮祭手形」を集める方法は3つ

①コスタ周辺のFATE
②クラフターの「調理師」で作成できる「バタードフィッシュ」の納品
③ギャザラーの「釣師」になって魚を釣ること







その中で自分がチョイスしたのは「バタードフィッシュ」の納品!

調理師のレベル5で制作可能の料理で、必要素材は四種類
ハドック(魚)・ポポト・オリーブオイル・食塩で調理可能の料理です



ハドックはショップで購入し、ポポトは自分で採集
オリーブオイルと食塩は、リムサにあるレストラン「ビスマルク」で売っている素材を使って制作
四種類の食材を上限99まで集めて、その場で「バタードフィッシュ」の制作を開始※同じことを考えている人が多いらしく、レストラン「ビスマルク」も人で溢れかえっていたので、人気のない店の隅で黙々とフライパンを動かす図w


「バタードフィッシュ」は、簡易制作ができない料理になるので、黙々と調理をし続けること約一時間
集めた素材を使い切って「バタードフィッシュ」を作成!


でも気づいたら、そろそろ夜勤の出勤時間になっていたので、その日のエオルゼア生活はココで終了

「バタードフィッシュ、スゴい作ったなぁ…w」などと、思いつつ「ビスマルク」のカフェから花火を観賞



作りまくった「バタードフィッシュ」を使ってクリアをした今年の『紅蓮祭』
明日の更新で続きを書きつつ『紅蓮祭』の感想を書こうと思います!!


2017/08/10 FF14

プロフィール
 
HN:
朧(zukiyo)
性別:
非公開
 
 
最新記事
 
(01/21)
(01/05)
(01/04)
(01/03)
(01/02)
 
 
カテゴリー
 
 
 
リンク