帰ってきたヒトラー☆感想

気になった映画があったので仕事帰りに観賞してきました。

今回、観賞したのはドイツ映画の『帰ってきたヒトラー』

ナチス総統のヒトラーが、2014年のドイツに蘇りヒトラーのモノマネ芸人としてブレイク。

そして、蘇ってからの出来事を著書として出版し、その著書の主演映画が完成するまでのストーリー。



このストーリーを読んだ時に『グッバイ、レーニン!』と、いうドイツ映画を思い出した。
『グッバイーレーニン!』は、東西ドイツ統一直後の親子関係をユーモアを描いた映画で、その中に当時のドイツが抱える社会風刺も描いた作品。
そして『帰ってきたヒトラー』も、ヒトラーがドイツ国内を回って国民と会話をしつつ社会風刺を独自に切っていく様は「現代だから許されるユーモアなのかも」と、思いつつ観賞。

個人的に一番笑ったのは、ヒトラーが初めてネット世界を知った瞬間。
ネット世界の膨大な情報量に感涙していたのが面白かったw


ヒトラーの事を少しでも知っている人なら楽しめる作品だと思います(政治家になる前は画家になりたかった、とか)
今のドイツが抱える社会問題(難民流入や少子化…etc)を、取り上げている作品なのでドイツに興味がある方にも面白い作品かもしれない。
そして、現代ならではのネット社会(FB、Twitter、YouTube)効果で、どんどん人気が出ていくヒトラーの姿も現代ではよく見る現象だと思った。


差別用語が出たりするので、純粋に笑って観賞できる映画ではないけれど、シュールな作品が好きな方なら楽しめる一本かもしれません。


たまたまTVの映画特集で知った作品でしたが、久しぶりにドイツ映画を観賞したので楽しかったです!


観賞後は、モスバーガーの期間限定『アボカドチリチーズバーガー』を食べましたw
食べる前は、チリソースでスパイシーっぽいイメージでしたが、大きくカットされたアボカドのおかげであっさりしていて美味しかったです!



7月は『アリス』の新作と『FF15』の映画公開があります。
『FF15』は、9月30日発売のゲーム本編の伏線になる作品らしいので、今から楽しみ!
観賞したら、また感想をUPしようと思います。


2016/06/29 雑記

プロフィール
 
HN:
朧(zukiyo)
性別:
非公開
 
 
最新記事
 
(01/21)
(01/05)
(01/04)
(01/03)
(01/02)
 
 
カテゴリー
 
 
 
リンク